オナホール

エロ本によく掲載してある「オナホール」。昔買った覚えがあります。
シリコンみたいな素材を女性器状にしたもので、ペニスの挿入を繰り返し、
本物のセックス時の挿入に近い快感を得ることができます。
オナホールの存在を知らなかった時は
簡単な方法としてコンニャクをよく使ってオナニーしていました。
コンニャクをレンジで温める事で本物に近い感触を味わう事が出来ます。
使い捨てのオナカップは紙コップにスポンジを詰めただけの物が多かったが、
近年は樹脂を利用したオナホールが多いです。

さらにお金に余裕がある人は「ラブドール」というダッチワイフを買うものもいました。
高価なものは全身をシリコンで覆い、
関節も実際の人間同様の可動範囲を持つよう設計されているようです。
重量はシリコーンを多用した物で成人大は20-35kg程度、
一体60万円前後するといいます。
しかも常時在庫しているメーカーは少ないので、
希望購入者を募集して、数体程度をまとめて製造する受注生産方式を取っているようです。
ラブドールは高価なのでなかなか手が出ない方はデリバリーでレンタルするという手があります。
最近のラブドールは高性能なので単なる性道具という使い方だけではなく、
ラブドールを恋人のようにして精神的な癒しの代わりにしている方も少なくないようです。
一度試してみたいものですが、自分は断然デリヘル派ですね。
和歌山 デリヘルで今日も遊ぼう